日生建設の創る家

地震に強い家づくり

これからの家は「 耐震等級3 」相当の等級で建てる。

住宅品質確保促進法では、耐震性能を判断する目安として3段階の耐震等級が定められました。建築基準法では、阪神・淡路大震災クラスの地震など数百年に1度起こる程度の極めて希に発生する地震力が定められており、性能表示制度ではこれに耐えられるものを「等級1」としています。また、耐震等級2・3であればさらに大きな地震に対しても倒壊しない程度となります。

LIXIL スーパーストロング構造体

「耐震等級3」相当の強さの理由

壁が強い

建築基準法 2階の形状や大きさが違っても1階の壁量は同じ建築基準法では、2階の形状や大きさにかかわらず1皆の壁の量は一定(※)です。
※1階の広さにより必要な壁の量を算出します(見付免責で算出する場合もあります)。

「耐震等級3」相当の建築法 2階の形状や1階の壁量を算出して補強「耐震等級3」の家は、建物の形や大きさに応じて必要な壁の量を算出するため、地震に強い家といえます。

床が強い

建築基準法 吹き抜けなどで部分的に床が無いともろくなる。建築基準法では、床の形状や大きさにかかわらず補強方法は一定※です。
※隅角に火打ち材(補強材)を使用します。

「耐震等級3」相当の建築法 変形しにくい「耐震等級3」の家は、建物の形や大きさに応じて必要な壁の量を算出するため、地震に強い家といえます。

基礎が強い

建築基準法 建物の隅角部や開口部などの柱問題が大きい部分が弱くなる。建築基準法では、地盤の強さに応じて基礎形式を選択するだけで、基礎配筋等の仕様は一定です。

「耐震等級3」相当の建築法 弱い部分を補強「耐震等級3」の家は、形状や大きさに応じて必要な床の量を算出し、不足している場合は補強を行うため、地震に強い家といえます。

「耐震等級3」相当でも、簡単で多彩なプランをご用意

“高い耐震性”を保ちつつ“自由な間取り”を実現

地震に強い家は壁が多いからプランも制限され難しいとお思いではないでしょうか? いいえ、そんなことはありません。耐震等級3相当のプランでも耐力壁は最小限で収めることができます。
大きな吹抜けで開放感あふれるプランや オープンキッチンのある広いLDKプランなど、高い耐震性を保ちながらお好みのデザインを実現することが可能です。

日生建設の創る家

  • CONTENTS 01 こだわりを叶える自由設計
  • CONTENTS 02 地震に強い家づくり
  • CONTENTS 03 こだわりの木材
  • CONTENTS 04 人と地球にやさしい家づくり
  • CONTENTS 06 家づくりの流れ
  • CONTENTS 07 アフターメンテナンス
  • CONTENTS 07 認定長期優良住宅
  • お客様の声 Voice
  • Q and A よくあるご質問
  • リフォーム折込最新チラシ
  • 分譲情報・中古住宅・土地情報満載!株式会社日生ハウジング